【えっ! 絶滅危惧?!】日本に現存する終身雇用・年功序列サラリーマンは何処に? - 権利収入をネットビジネスで獲得!自由で豊かな人生がここにあります。

【えっ! 絶滅危惧?!】日本に現存する終身雇用・年功序列サラリーマンは何処に?

突然ですが、アナタは終身雇用制度を
説明できますか?

終身雇用制度
それは、現代社会では死語になりつつ
ある言葉ですね。

人込み.jpg

これは、日本独特の慣行と言えます。


また、終身雇用年功序列には密接な関係
があります。


これまでのサラリーマンは、初任給を
基に勤務年数、年齢によって賃金を
上げて定年まで雇用を保障されていた
からです。

これは、雇用や給与を保障する代わりに
一生懸命働いてほしいという使用者と
従業員の暗黙の約束のようなものだった
のです。


この制度が良いか悪いかは、一長一短
ですが長期保障されてるので安心感は
あるのかもしれません。




さて、アナタの職場は終身雇用と成果主義のどちらですか?



分かれ道.png

近年、終身雇用・年功序列から欧米型の
成果主義に変わろうとしているような話
を耳にするようになりましたよね。

自信あり サラリーマン.jpg

特に日本を代表する大手企業を中心に
終身雇用や年功序列を廃止する傾向が
見られます。


既に大手自動車会社などは成果主義に
変更されてますが大手飲料や大手電機
会社まで多岐に広がっています。


世界規模で展開するためには、成果主義
に展開せざるを得ないのかもしれません。




私の職場は、どっちかな?!




私の勤めている医療業界においても、
人事考課や自己評価制度などを用い
給与や賞与の差別化を図る動きが
出てきました。

それは、5〜6年前から多くの施設で
見られるようになったのです。


昔の医療業界と言えば‥、殿様商売の
典型だったので、終身雇用と年功序列
が最近まで当たり前の世界でした。


それが他の企業と同様に遅ればせながら
変化してきたのです。


例えば‥
認定資格を所得して業務の質向上
 に活かす。


・診療報酬加算に繋がる実績をあげる。

こんな感じの目標を立てて、半年〜
1年後に個別に上司から評価される
ようになりました。


ただ、医療の世界は、人の命に関わる
職種のため、成果主義に全て当てはめ
るのは難しいと言えますね。


しかし、年功序列の崩壊によって若い
人でも勤務年数や年齢に関係なく昇格
昇進の道が開かれました。


それにより現場では、明るくも緊張感が
保たれた職場になっている印象を受け
ます。


例外的に、その環境についていけない
人達にとっては苦痛でしかないので
人事考課などのない施設に流れていく
傾向があるのも事実です。

介護離職.jpg

特殊な職場だけに、私自身もどちらが
良いとは言えませんが‥。


出来れば両方を上手く組み入れるような
やり方が良いような感じが理想なのかも
しれませんね。




ちょっと脱線したので、話を終身雇用と
年功序列に戻しますね。





なぜ廃止されるのか具体的に説明できますか?




なぜ終身雇用や年功序列が廃止するのか
聞かれても‥

直ぐに理由を説明するのは困難ですよね。


私自身も理由が知りたかったので、終身
雇用から成果主義に変化し始めた時代
背景に着目して調べてみました。


すると‥
あるポイントに辿り着いたのです!


『少子化問題・高齢化社会・デフレ経済』


これが日本独特の終身雇用と年功序列
の廃止の原因だったんです。


これについては、以前から何度も騒がれて
ますが、未だに出口の見つからない問題
ですよね。


一見すると繋がっていない感じですが‥

実は、上記の問題が長引くことで終身
雇用と年功序列のバランスに大きな
ズレが出てきたんです。


その理由とは‥
日本では、団塊世代の大量退職により
会社で確保する社員数が激減しました。


また、追い打ちをかけるように少子化
により若年労働者の数も減っているので、
多くの職場が慢性的な人員不足に陥って
います。


それにデフレ経済も相まって、今までの
やり方では企業を維持していくことが
困難になってしまったのです。



その為に企業としては‥
正規雇用以外の派遣の比率を増やして
人件費の軽減と人員の確保を図る。

成果主義を用いて人材の差別化を図る。

などの対策を講じて会社経営の存続に
努めているのです。


なので、今でも終身雇用が保たれている
のは、公務員や一部大手企業の社員の
ごく限られた人と言えます。

これに該当するサラリーマンは、まさに
『絶滅危惧種』
と言えますね。




現在のサラーマンの心理的状況は?




サラリーマンの中でも正規雇用されて
いる方は、恵まれているのかもしれま
せん。


ただ、せっかく苦労して入った会社が、

「実は、ブラック企業だった!」

みたいなことも不思議ではないです
からね。


そんな事もあり多くのサラリーマン
は、自分の会社や仕事に対して不安
を抱えていることが増えていると
言えます。


では、何か対策はあるのでしょうか?


昔のように会社に頼る事は出来ません。


それなら‥

『自分の身体は自分で守る!』

これしかないと思います。


そこで、最近注目されてるのが
副業ビジネスなのです。


副業ビジネスといっても様々ですが‥

私は、権利収入(不労所得)
繋がる副業ビジネスをしています。

在宅PC.jpg

その理由は、ある程度システムを構築
すれば、安定した収入を長期的に得ら
れるからです。

    

安心と自由な時間とお金が手に入る魅力的なビジネスとは?



ネットで稼ごうと思っても毎月安定収入にはならない!

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんなあなたの悩みを解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana4.png