観光 - 権利収入をネットビジネスで獲得!自由で豊かな人生がここにあります。

秋の風物詩の『芋煮』は、地域の違いが楽しめるよ!

最近寒くなってきましたね〜。

こんな時は、やっぱり体が温まる食べ物を
欲しますよね。!(^^)!

それに熱燗でもあれば、もう言うことなし!

日本酒.png

ども!ども! コニャニャチワ!

酒は血の一滴!

酒とサッカーをこよなく愛する『NAOKI』です。(^O^)/

今回は、芋煮について検証してみたんよ。

調べてみると、これがまた面白いんだぁ。

へば、まとめてみたんで読んでみての。


そもそも芋煮って?



ところで、芋煮って知ってるかい?

芋煮は、東北(青森を除く)から関東にかけて行われている
行事の一つで、秋の収穫祭が原型と言われてるんだよ。

これが、江戸時代になるとコメの不作に備えてサトイモが
栽培され、サトイモの収穫時期に合わせて「芋煮会」
原型みたいな行事が行われてたんだって。

その行事が今に伝わり「芋煮会」という一つの行事となって
各地で行われるようになったらしいよ。

この地方にとって春の「花見」、秋の「芋煮会」は屋外でやる
大事な宴会行事なんだよね。

私も子供の頃から慣れ親しんだし、楽しみの行事の一つだったなぁ。

皆で食べるから美味しんだよね!

(注)芋煮会の時は、基本的にバーベキューはやらないよ。('◇')ゞ

芋煮会 イラスト.png


芋煮って地域によって呼び方が違うのよ



芋煮について、呼称の分類を検索してみてわかった事があったんだ。

この「芋煮」というのは、呼び方に地域差があって、地域によって
以下のような呼び方で慣れ親しんでるんだ。

芋煮 ⇒ 南東北(宮城県・山形県・福島県)、新潟県、関東地方で
 広く使われ、これらの会合を「芋煮会」と呼んでいるんだ。

芋の子⇒ 秋田県・岩手県では「芋の子汁」と呼んでいて、会合を
「芋の子会」と呼んでいるんだ。

鍋っこ⇒ 秋田県沿岸及び内陸南部では、遠足と付随して「なべっこ」
     や「なべっこ遠足」と呼んでるらしい。


いずれにしても、この芋煮という行事を親しんでいるって
ことだね。(^O^)/



芋煮って地域によって料理も違うんだほい




芋煮が地域によって呼び方が違うことを書いたけど、
実は料理も地域によって違うんだよ〜。

豚汁風 ⇒ 山形内陸南部を除く全域

とりすき風 ⇒ 北東北の一部

すきやき風 ⇒ 山形県内陸中南部
        *日本一の芋煮鍋で取り上げられてる地域。

寄せ鍋風 ⇒ 三陸海岸沿岸付近


*青森 ⇒ 基本的に芋煮会などは行われていないらしい。
〔稲作は津軽地方が中心で、その他は畑作が中心なため、
 稲作とサトイモ栽培の関連から外れるため。〕


これから言えるのは、全国的に有名になった山形市の
芋煮会だけど、あれは料理的に言えば、ごく限られた
地域で食されている「すきやき風」の芋煮なんだね。

私の地元の芋煮と言えば、「豚汁風」が当たり前なので、
大人になって「すきやき風」の豚汁を知ったときには、
どちらが本当の「芋煮」なのか迷ったね。(+o+)

もう一つ、私の地元では豚汁風の芋煮の他に欠かせない
料理があって…、それはカレーライスな〜のだぁ〜。

芋煮.jpg

カレー.png

この2つは、芋煮には絶対外せないものだったよ。

しかし、大量に作るために当然余ってしまう。

なので、芋煮の後は、翌日の夜まで同じ料理が続く
ことがあるんだぁ。(ーー;)
      


まとめ



芋煮について簡単にまとめてみましたぁ〜。

こうやって調べてみると、地域によって呼び名や料理が
違うということが改めてわかったのだ。

秋の行事の一つだと思っていた「芋煮」…
調べてみると結構奥が深いね。(^^♪

もし、時間とお金に少し余裕があったら、各地の紅葉を
見ながら地元の芋煮を食べてみたいよね。

それが豚汁風であっても、地域によって具材がご当地食材が
入っていたりして面白いかも!

そんなことなどを実現してみたいと思ったら、ちょっと
興味深い話を載せてみたので、下の青色下線をクリック
してみてね。(*^^)v



『NAOKI』のロッカールーム!
*現状維持よりもコツコツと前進すれば明るい未来が待っている!


京都の歴史が凝縮!『時代祭』を見て歴史絵巻を堪能しませんか?

京都の三大祭を知っていますか?

葵祭、祇園祭、そして時代祭です。

『時代祭』は、京都の歴史を一度に
見られる贅沢な祭りです。

ただ、葵祭や祇園祭と比べると知名度は
ありませんが…

しかし、京都三大祭に数えられるだけあり、
内容は充実したものです。

京都の歴史について短い時間でたくさん
知りたい欲張りさんにはぴったりの祭り
ではないでしょうか。

祭りのメインイベントでもある行列では、
8つの時代の歴史人物や衣装など、時代
別の歴史絵巻を見ることが出来ます。

そこには、あなたが知っている有名人から
そうでもない人までが様々な衣装を着て
練り歩きます。

行列は2時間続きますが、ある程度歴史を
予習しておくと見ていて飽きることは無いと
思います。

『時代祭』について見所等についてまとめ
ましたので、祭りで見学する際に参考に
して頂ければと思います。


『時代祭』って、どんな祭り?



時代祭は明治28年から始まった祭りです。

ですので、葵祭や祇園祭と比較すると
歴史は浅いです。

この祭りのきっかけは何でしょうか?

平安神宮の建立がきっかけなんです。

平安神宮は、「平安遷都1100年」を
記念して建立された神社で都を京都に
最初に移した桓武天皇を祀っています。

また、後に平安京で最後に過ごした孝明
天皇も一緒に祀られるようになりました。

これらを記念して明治28年に初めて
平安神宮の大祭が行われたのが
時代祭の始まりです。

それから時代祭は桓武天皇が長岡京から
平安京に都を移した日、すなわち京都の
誕生日の毎年10月22日に行われます。

祭りのメインは、昼12時ころに京都御所
を出発する行列です。

この行列は全国各地で開催されている
時代風俗行列の始まりと言われてます。

行列は、京都御所を蒐発して平安神宮までの
約4.5キロを練り歩きます。

そして平安時代から明治維新までの衣装を
身にまとった約2000人の人たちが
2時間かけて進みます。

その行列の距離は、なんと2キロにも及ぶ
壮大で華麗なパレードと言えます。

世界中探してもこのような行列が見れるのは
時代祭だけでしょう。


《日程・基本情報》

開催日;10月22日(京都の誕生日)

開催時間: 7:00〜16:00

海上:京都御所建礼門〜平安神宮

見物料:無料(一部有料観覧席あり)

TEL:075−761−6221
  (平安神宮)


『時代祭』の行列について



行列は新しい時代から古い時代に遡るような
構成になっています。

順番としては

明治維新時代⇒江戸時代⇒安土桃山時代⇒
室町時代⇒吉野時代⇒鎌倉時代⇒藤原時代
⇒平安時代⇒延歴時代

となっています。

行列での見どころの一つは、その時代の
衣装です。

衣装の1つ1つが、その時代の衣装の素材、
染色などが限りなく当時にに近いもので
再現されています。

衣装以外にも持ち物、履物など細部にいたる
まで、その時代に限りなく忠実に復元されて
います。

特に、身分の高い人の衣装(十二単など)は
職人の技術、美意識が凝縮されたものです。

私自身が特にお勧めなのは、ねね様、巴御前の
衣装です。

それぞれ衣装の内容が全く異なりますが、
友禅、金襴など京都を代表する技術の
結晶で作られた衣装なのです。

私としては、出来れば装飾などの細かい
ところまで見て頂ければと思ってます。

ちなみに行列で使用する衣装、乗物、道具
などの価値は数十億円以上といわれ、技術
的価値が非常に高いのです。

この価値は、これからも上がり続けると
いわれてます。

また、行列での注目は、衣装以外にも
あります。

行列に参加する約2000人の人達は、
京都市民なのです。

何故京都市民だけが行列に参加しているか
というと、明治時代に天皇が京都に遷られ、
衰退していく京都の復興を目指して

『時代祭』を京都市民で参加して盛り上げ
てるからです。

ですのでこの祭りは、京都市全域で構成
している「平安講社」が運営しています。

平安講社は、平安神宮の維持と祭りの
兼行を維持するために出来た組織で、
さらに市内の旧学区単位で構成されてます。

ですので、この祭りは多くの京都市民に
より作られた市民参加の壮大なお祭り
なのです。

祭りの開催運営では、行列に参加する市民
以外にも学生ボランティアなど多くの
人によって支えられています。

こういった運営の中身を簡単に知って見学
すると、また違った感動が得られるの
でないかと思います。


行列の見どころと時代背景



行列の中でもお勧めの行列と見どころ、
時代背景をまとめてみました。  

《明治維新時代》

笛や太鼓の賑やかな音楽を奏でながら
鼓笛隊を先頭に維新勤皇隊が行列の
トップを飾ります。

ちなみに維新勤王隊が持っている鉄砲は本物
なので、かなりの重量らしいです。
(※銃身を詰めて使えなくしてあります。)

それに続きこの時代を代表する幕末の
ヒーローの西郷隆盛、坂本龍馬、吉田
松陰などが次々と登場します。

ちなみに吉田松陰とは長州藩の武士で、
思想家であり教育者などでもありました。

そしてこの時代に日本を動かした中心
人物の精神的指導者または理論として
知られています。
 
《安土桃山時代》

牛車で豊臣家による朝廷参上の行列から
織田信長の上洛行列が続きその後、

豊臣秀吉、丹羽長秀、柴田勝家など
戦国時代の京都に関係する武将が
次々に登場します。

秀吉.jpg

各武将の馬印は、戦国武将ファンには
必見ですよ。

《吉野時代》

後醍醐天皇を上洛に導いた楠木正成一族の
行列で多種に渡る華麗な甲冑や武具を見る
価値はあります。

ところで、この楠木正成ですが数々の戦歴
や逸話など残っていますが、確かな前歴が
ほとんど知られていません。

一説では、河内・泉(大阪周辺)を
本拠地とする悪党だったと
言われてます。

この時代の見どころは、中世婦人の列です。

この列には、大原女、桂女、淀君、静御前
などが登場します。

まさに当時の庶民から上流階級までの女性の
衣装や髪型、化粧などを知る事が出来ます。

これは中世婦人のファッションショーとも
呼べるのではないでしょうか。

淀君、静御前は京都の芸舞妓が扮しています。

大原女は、洛北の大原から京の街なかへ
薪や炭を売りに来ていた女性です。

桂女は、洛西の桂から鮎や飴を売ったり、
婚礼などでの巫女の役割を果たしたり
していました。

《藤原時代》

藤原氏が最盛期だった文武両様の姿を
表わした藤原公興参朝列が
進んでいきます。

列の中には位の高い貴族の文官、武官の
正装姿やその周囲に様々なお供も
加わるのでとても華やかです。

この時代の見どころは、平安時代婦人列で
小野小町、紫式部、清少納言だけでなく

常盤御前、巴御前など源平ゆかりの
女性たちまで登場します。

こちらの華麗な衣装を着た女性も
京の芸舞妓が扮しています。

この列が行列の中でも一番華やかな
印象を受けます。

巴御前.jpg

巴御前は木曽義仲の愛妾で武勇に優れ、
女性ながら一騎当千の強者だったと
言われています。

この列の女性の中で唯一、甲冑に身を
包み馬に乗ってやってきます。

余談になりますが、一緒の輿に乗って
登場する平安時代のベストセラー作家
と言えば‥

紫式部と清少納言ですが二人はすごく
仲が悪かったらしいです。

《延歴時代》

列の最後を飾るのが元祖の征夷大将軍こと
坂上田村麻呂です。

東征を終えて平安京に凱旋する様子を
表わした延歴武官行進列が登場します。

この列の主将や副将の衣装や武具は、
正倉院御物などの考証がなされているので
非常に価値のある行装を鑑賞できます。

この時代の衣装はめったに見ることが
出来ないので時代祭ならではなのかも
知れません。

ちなみに坂上田村麻呂は、あの清水寺を
建立した人物です。
(知ってましたか? 私は最近知りました。)


★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★    


時代祭についていろいろ書いてみましたが
まずは実際に祭りに来て見るのが一番です
ので、ぜひ見に来てみて下さい。

時代祭を見た後も京都には、たくさんの
名所があるので出来れば時間を気にせず
ゆっくり見たいですね。

京都観光するには、暑くも寒くもなく
最高の時期だと思います。

また、もう少し過ぎれば紅葉の季節…
これも絶対見てみたいし外せない
風景です。

あれもこれもと欲張ってしまう贅沢は
尽きないですね。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

もし、少しでもお金や時間に余裕が
生まれるようなビジネスがある
としらどうしますか?

そんなのあるわけないだろうと
思っていませんか?

もし諦めてしまうなら、その前に一度だけ
でも見に来てください。

        

私はこのビジネスにハマり、明るい未来が
見えたことに感謝しています。
在宅ネットで権利収入を得る方法が眠ってます。